1. トップページ
  2. お客様事例
  3. 『真空小袋&バックフォーマー』ご利用事例

『真空小袋&バックフォーマー』ご利用事例

『真空小袋&バックフォーマー』ご利用事例

2合〜3合の真空小袋で、専門店の新鮮なお米をギフトやノベルティに。

新しい販路の開拓に『バックフォーマー』を活用

店内のバックフォーマー昨年秋に「バックフォーマー」を導入。

きっかけは、総合カタログでバックフォーマーを見つけた長女ゆうきさんの考えから。キューブ型の真空小袋ガゼットのお米サンプルを友人に配って感想を聞くなど、独自のリサーチを実施した上で導入を決定。また、公的な補助金制度を活用し、設備投資の資金負担を軽減できた。

 

クチコミ的営業で、お歳暮ギフト約100ケース分を販売

真空小袋ギフト/手づくりパンフレット導入後、お米を詰めたサンプルやパンフレットを機会があれば持ち歩き、行く先々で真空小袋と贈答ケースのお米ギフトを提案。クチコミ的な日々の営業によって年末までに、真空小袋のお米をお歳暮用のギフトとして約100ケース分、販売することができた。

 

これまで『保険屋さんのお客様へのプレゼント用』『お花屋さんの母の日ギフト』『不動産屋さんの引っ越しの挨拶用』『コンビニで300gキューブ米の販売(店長がキューブ米を採用)』、給湯器の修理で訪れたガス会社の方にPRし『ガス会社のイベントセミナーのお土産』に採用など、かわいいサイズの真空小袋は色々な業種で販促にご利用いただけている。

量目は2合〜3合。こだわりの商品づくり

オリジナルデザインの贈答パッケージみゆき社長は「1合パックでは、混ぜて食べられてしまう量で少ないと思う。

2合〜3合パックならば、新鮮なものをおいしく、すぐ食べてもらえる量で良い」と商品づくりについて女性目線のこだわりを話す。

現在、2合サイズの真空合掌貼り小袋、VTY-200にオリジナルデザインをあしらったギフト商品を準備中。長女ゆうきさん制作の贈答用デザインをインクジェットプリンターで印刷。

米の形をした花びらが八十八枚舞うなど、細部までこだわったデザイン。ギフト用パンフレットのデザインやお店のマークもゆうきさん作。ここでもお米の主な購買層である女性目線の、細やかな心配りが隅々まで商品づくりに活かされている。

家電メーカーのノベルティ1200袋をバックフォーマーで真空包装!

家電メーカーのノベルティ最近では、家電メーカーの販売促進ノベルティ用のお米1200袋を受注。

マルタカで作成した別注化粧箱に、バックフォーマーで作った300g合掌貼りのお米を入れて納品。イベントや販促用のノベルティも大きな需要が見込める分野だ。

お客様情報

東京都
いそかわ米店(米のいそかわ)様

東京都
いそかわ米店(米のいそかわ)様

いそかわ米店」は東京都板橋区の米穀店。
店内に入ると、お米の良い匂いが漂う店頭精米の店。
ご家族で経営されているアットホームな雰囲気のお店です。
http://www.komeno-isokawa.com/

TEL 0120-141-296 FAX 0120-296-041

受付:平日 午前9時〜午後5時45分(土日祝除く)

全国ネットワークでお客様の米販売をサポートします!

大阪本社/東京支店/札幌営業所/仙台営業所/新潟営業所/名古屋営業所/広島営業所/福岡営業所